予算を決める

これから実際に二次会景品を用意したいならば、予算について考えることは大切です。どのくらいの予算を用意することができるか分からなければ、景品を選ぶことができないでしょう。予算については、会費として参加者から集めるという方法があります。あるいは結婚式の二次会の場合には新郎新婦が出すというケースもあるでしょう。会費の場合には、それをどのように設定するかによって、景品に使える予算が決まります。会費に景品にかかる費用を上乗せするのです。しかし、あまりにも上乗せしすぎてしまうと文句が出てしまうでしょう。

お財布会費に上乗せする分のお金については基本的には1000円から1500円程度が相場といえるでしょう。これ以上上乗せしてしまうと会費が高くなってしまい、不満が出てくるかもしれません。もし会費のうち1000円分を景品に利用するとして、50人が参加するならば5万円分の景品を購入することができます。これぐらいならばある程度豪華な景品を購入することができるでしょう。

幹事は景品のことだけを考えれば良いのではありません。会場や料理などの費用についても考える必要があります。全体の費用とのバランスを考えながらどのくらいの予算で景品を用意するべきか考えましょう。最後に注意点について説明します。